有線と違ってモバイル回線は使う環境によって速度がばらばらなので、WiMAXに変更したところ

イチ押し!WEB限定のBIGLOBE WiMAX特典キャンペーンはこちら!


↓↓↓↓↓



有線と違ってモバイル回線は使う環境によって速度がばらばらなので、WiMAXに変更したところ

有線と違ってモバイル回線は使う環境によって速度がばらばらなので、WiMAXに変更したところ5〜6M以下ならばそのスピードに慣れるまでは少なからず回線スピードに不満を感じてしまう場合もあります。

つまりスマートフォンのテザリング機能だったら、事前に設定された通信量をオーバーしてしまうと速度が制限されて、大切な時に通信できない状態になりますが、最近注目のWiMAXならそんな使用制限がありません。

ご存知のとおり日本のケータイ(フィーチャーフォン)は、ガラパゴス(ガラケー)と言われるように、狭い島国日本で独自の進化を遂げてきた歴史があり、日本のケータイメーカーは、海外企業に比べてグローバル展開に弱い面があって、国内ユーザー向けの展開を企業戦略のメインにしているということなのです。

スマートフォンを使ったテザリングというのは、電波が届くのはせいぜい家の中だけ。大きな家だと隅々まで届きません。街中で入手可能なWi-Fiルーターでは、タイプによってパワーが大きく違ってきますが、電波が届くのはせいぜい隣の部屋あたりまで。

iPadやNexusなどのタブレット端末に関しては機能的に言うと、簡易版のノートパソコンです。メールをチェックしたり書類とか文書を見たり写真を見るなど色々あります。そして操作の面からいうと、だいたいスマホの操作と同じと言えるでしょう。


Wimaxというのは実際に受信するゾーンの違いで受信状態に見逃せない影響がありますから、まずは無料のトライアルサービスとして準備されている「TRYWIMAX」に申し込んで実際に受信するエリアでしっかりとテストした方が安心です。

おしゃれな端末が多いauで販売しているWiMAX対応スマホだったら、WiMAXを使って接続したときは、いくら通信量を利用したとしても(例えば高画質の動画を何十時間視聴していても)通信料の制約がかかる事はないわけです。

みんな知ってるフレッツ光に新規加入すると結構な額のキャッシュバックなどの特典があるわけですが、ああいった特典は本来であれば代理店が受け取るはずの通信業者からの手数料をお客に還元してまでも契約数を伸ばすことを目的に驚くほど高額な条件の提示が可能になっているのです。

使いやすいWiMAXを使うことにすればけっこうリーズナブルな料金にまとめることが可能なので、複数台利用しているのであればいっそう効果があります。携帯会社が作った面倒な料金プランをすべて把握してあれこれ組み合わせる作業の必要がなくなって負担が減ります。

普通インターネット回線はだいたい5M程度あれば容量の大きい動画であっても問題なく視聴できるわけですし、仮に7〜8Mを上回る状態であれば体感的にはスピードに違いがあることはあまり感じることはありません。


お手軽なWiMAXの速度でも実務上は問題ないのですが、1Gbpsの光接続の速さというのは文字通り別世界ですね。このようなものを経験したことがなければ、WiMAXであってもストレスはきっと感じることが少ないでしょう。

近頃無線LANを使用できるスポットがけっこう増えてますが、そうであっても、かつて携帯というものがまだ普及していなかった頃、公衆電話を求めて回ったのと同様に、携帯に電波が届く無線LANスポットを探し求めて歩き回っているのです。

みんな使っている携帯電話や無線によるネット接続システムの用語で、機器の移動状況に合わせて、一度基地局から外れても隣接している基地局が新たに端末とネットを接続しなおすシステムをハンドオーバー(Hand Over) H/O)"

ご自宅にPCが1台だけ、ということなら通信に使っているモデムから直接LANをPCに接続すれば完了なんですが、2台以上、複数台接続する必要がある家庭とか事務所で接続するなら、それをハブによって必要なだけ分岐しなければならないのです。

要するに携帯電話やスマホを使用している人が急に増えたり、インターネットにテザリング機能で常に接続するという人が増えることで、必要な電波の使用率が限度を超えて、これによってデータ転送スピードが遅くなってしまいます。