WIMAX情報

イチ押し!WEB限定のBIGLOBE WiMAX特典キャンペーンはこちら!


↓↓↓↓↓



WiMAXの電波というのは実は基地局からそんなに遠くまでは飛びません

便利なアプリをインストールすることで、今持っているスマホ自体をどんどんパワーアップさせることが可能なうえ、絶対に欠かせない機能だけを入れていけばあなた専用のスマートフォンにしていくことまでできるということです。

BIGLOBE WiMAX特典がイチ押し!

注目のWiMAXの電波というのは実は基地局からそんなに遠くまでは飛びませんし、基地局に近くても屋内では電波の受信状態が変化し、時間帯の違いでも利用できる速度が相当下がることがあるので注意してください。

つまりAUスマートバリューの適用されるタイミングについては、光と一緒で無くても可能なので、他社からAUに移ってから、AU光などの、スマートバリューを適用してくれるプランを申し込む手順によっても問題ありません。

近頃はWiMAXルーターで使われているバッテリーを可能な限り長持ちさせる開発だってもちろん行われています。例えばルーターが接続していなければ、無駄な消費電力をカットすることでの省電力化などがあげられます。

スマートフォンを利用したテザリングでは、事前に設定された通信量を超過すると速度制限がかかってしまって、大切な時に通信できない状態になりますが、人気上昇中のWiMAXだったらそんな通信量による利用制限がありません。


いろいろなメーカーから発売されているWiMAXに使用するルーター選びですが、結局最後にはなんとなく気に入った端末を選んで問題ありません。結局はどの端末を購入しても普通に使用するのであれば体感できるほどの差がでるわけじゃないので心配ありません。

やはりモバイル回線は使用する環境で速度がまちまちなので、WiMAXに変更したときに接続スピードが5〜6M以下ならばそのスピードに慣れるまでは少なからずその速度にいらいらする場合もあります。

この頃は携帯電話用の電波を使用してインターネットに常時接続する人が目立っているため、現在主流の定額制をやめようという考え方が多くなってきています。実際にアメリカでは、従量制に変更したというところだってあるのです。

移動中でもインターネットに接続して利用したいならwimaxがいいと思いますが、ご自宅や事務所といった普段は決まった場所がメインで利用するようなケースなら従来のADSLで無線LANを使っていただく方が低価格ですし回線の状態にしてもかなり安定するのでおススメです。

便利で人気のWiMAXの基地局などの設備はMNOであるUQWiMAXが設置した設備なので、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)各社はUQWiMax社と契約してそれらを借りているだけです。なので、どの会社と契約した場合でも電波状況や通信速度は同じなのです。


ご存知の通りWi-Fiの使える距離についてはお使いのルーターのWi-Fi出力を何%にするかによって変わるのです。もちろんWIMAXでも出力をどんどん上げれば遠くのほうまで届かせることができますが、この場合急激にバッテリーを消費するのです。

いわゆる容量規制が適用されると通信速度を極端に絞られます。いざというときに困る通信規制が無いのは実はWiMAXだけなんです!余談ですがXiやLTEは、追加料金を一定額支払いさえすれば一定量に達するまでは回線の速度などの規制が解除されるようになっています。

人気機種の多いauで入手できるWiMAX対応スマホなら、WiMAXで接続したときは、大量に通信量が増えても(つまり高画質の動画を何十時間視聴していても)通信制限がかかる事はないので安心です。

このようにWiMAXルーターにスマートフォンをWi-Fiを利用して繋ぐことで通信するのだったら、パケット通信中なのはネット接続しているWiMAXルーターだけであって、スマホのほうは費用の発生しないWi-Fi通信だけとなります。

動画サイトのYouTubeだったら一般的な画質のレベルでADSLくらいの速度があれば大概はスムーズに再生していただけます。だから、WiMaxを使ってもOKと思われます。