WIMAX情報

イチ押し!WEB限定のBIGLOBE WiMAX特典キャンペーンはこちら!


↓↓↓↓↓



そもそも無線LANというのは屋内のみでの利用を許可されたネットワーク機器である

そもそも無線LANというのは屋内のみでの利用を許可されたネットワーク機器である。このため屋外に無線LANのアンテナを設置した場合は電波法という法律の違反で罰せられる可能性があります。法律に従ってWiMAXなどを使ってください。

要するに携帯電話とかスマホを使用している人が多くなるとか、テザリング機能を利用してネットに常時繋いでいる人がだんだん増加すると、必要な電波の使用率が限度を超えて、データの転送のスピードが遅くなってしまうというわけなのです。

ご存知のフレッツ光に新規加入した際には結構な額のキャッシュバックなどの特典があるわけですが、こういうのは代理店が受け取ることができる通信業者からの手数料をお客に還元してまでも新規契約獲得数を上げることを目的に普通では考えられない条件を提示しているわけです。

PS3では無線での接続もできるようになっていますが、WiMAX用の機器の中には付属品のクレードルに有線LANでつなぐことができる機種だってあるので現段階でほかの機器に有線で接続されているLANケーブルを差し替えていただくだけで利用できます。

ご存知jYouTubeを見るなら一般的な画質程度でADSL程度の速度があれば大体はスムーズに再生可能です。このため、WiMaxを使っても安心できると考えられます。


簡単に言えばWi-Fiルーター端末と呼ばれている機器はネットからの無線回線とモバイル通信機器を無線LAN(Wi-Fi規格)を利用して中継する機能のある端末なんです。同時に何台もの対応機器をWi-Fi規格の無線LANで繋ぐことができるのです。

今、実際にWiMAX搭載のルーターを利用してネット接続しているケースの一部には、なるべく通信状態の良い環境を手に入れるため、利用しているWiMAXルーターを部屋の窓際のところに置いて使っているみたいです。

接続が簡単なWiMAXは申し込んだ契約の解約をするのであれば申し込みの時の契約月数未満のときには、一定の違約金を支払わなければいけないという契約が多いのです。そして、当初の契約期間も12ヶ月と24ヶ月の2つのプロバイダーがあるようです。

いくらここ数年で無線LANやWIMAXといった無線機器が以前より速くなったとはいえ、残念ながら有線LANと比較すれば、まだまだ非常に回線の速度に差が現れます。今、有線LANでは実際に75Mbps程度出ています。

いまだに高速回線を使用できない都市部以外の地域では、スマホのテザリング機能だとネットへの接続速度が遅いので、素早い動きの画像が途切れてしまったり、ダウンロードが終わるまでにかなりの時間が必要になります。


ご存知の通りWi-Fiの使える距離については発信しているルーターのWi-Fi出力をどのくらいにあげるかによって影響を受けます。WIMAXでも出力を上げるとこれまでより遠方まで届くようにできるけれど、急激にバッテリーを消費することを忘れないでください。

最近、利用者急増中のWiMAXの電波というのは発信している基地局から長い距離は飛びませんし、基地局に近くても屋内では受信状態が悪化し、また時間帯によっても利用できる速度が非常に大きく変動する恐れがあるのです。

お手軽な無線LANルーターを購入したうえで接続することでiPhoneであってもWi-FIによって快適にインターネットに接続できちゃうんです。ネット通販でしたらだいたい3000円前後から手に入れられます。

各プロバイダーによって新規加入の特典であるキャッシュバックを実行してくれるタイミングが大きく異なります。入金してもらえるまでにはWiMaxの利用開始から規定の期間を経過して約12か月後になるという場合が多いようです。

名前をよく聞くようになったWiMAXハイパワーと言われているのは受信感度そのものをよくするというものではなく、電波が強くない位置でできるだけ粘る機能なのです。普通どおりの電波が入ってくる所だと利点はほとんどないといえます。